Blog

ホーム > Blog

惜しかった!!

2018.07.03

残念。。。

あと少しだったですね。

後半2点リードしたときはもしやと思ったけど、ベルギーの怒濤の追い上げに飲み込まれていったな。

強いチームが必ず勝つわけでもないので、チャンスはありましたがあと少しでした。

国を代表して真剣に戦う彼らを見て僕も熱くなりました。

試合終了のホイッスルの瞬間、うなだれるイレブンを見て残念で悔しい気持ち、そして清々しい気持ちにもなれました。

ありがとう!!


alpshome

Nishiyama

いよいよ

2018.06.22

いよいよ今期最大のプロジェクト開始です。

建築計画の看板を掲げました。

地域を活性化する施設になるようにしていきたい思いです。

株式会社アルプスホーム

Nishiyama

地震

2018.06.21

大阪北部震源の地震がありましたが、京都に関してはおおむね平穏が戻ってきたように思います。

それにしてもかなり揺れましたね。

阪神淡路大震災以来の揺れでした。

地震当日はかなり都市機能が麻痺して、脆弱さが露呈しました。

当社の業務にも支障は出ました。

管理物件のエレベーター、ガスの供給停止、物件購入検討者の検討見合わせ、宿泊予定者のキャンセルなどなど。

今後南海トラフがらみの巨大地震が起こると言われてますが、もし起これば相当な混乱になるのは間違いないですね。

業務にも相当な影響が出るのは必至ですね。

いくら有事に備えてもおそらく限界があるので、起こったときにいかに冷静な判断が出来るかにかかってるように思います。

今回の地震で改めて思いました。

ではまた。


京都の不動産の買い取りは

株式会社アルプスホーム

Nishiyama

価格

2018.06.01

いま買付を入れているとある物件があります。

しばらく悩んでいた土地です。

悩んでいた原因は価格。

ちなみに今回買い付けた価格は、5年前の相場の3倍以上です。

最新の路線価の4.5倍もします。

一般的に相場の七掛けが路線価と言われてますので、一般論とはかけ離れた地価なのです。

取引事例比較法や原価法では説明つかない価格なのです。

ただ収益還元法で見れば、説明がつかなくもないのです。

人は誰でも過去どうだったとか、経験則、固定観念などにとらわれがちです。

僕もこのあたりに邪魔されて、この物件の買値を弾き出すのに少し悩みました。

この近年、京都市内の中で急激に地価が上昇したエリアがあります。

このような所は、行政の指標や金融機関の評価が追い付いてきません。

ものにするには自分の目利きと資金集めです。

やっぱり不動産はつくづく面白いなぁと思います。


京都の不動産のことは

株式会社アルプスホーム

Nishiyama

センス

2018.05.25

今日久々の友人と少し話しました。

彼も僕と同じ会社経営者で、彼は商売が上手くいくかどうかはセンスだと言いました。

あんまりそんな風には考えたことなかったのですが、ちょっとなるほどなぁと思いました。

スポーツや芸術や芸能などはセンスの有り無しかな?とは思えそうな気がします。

そう思うと商売もそうかもしれない気がしました。

僕にはセンスよりも向き不向きって言い方がしっくりきます。

努力や勉強しても報われない人がたまにいます。たまにじゃないかな??

たぶんその分野が向いてないだけなんですよね。他の分野にいけばドンといくかもしれません。

あと、何やっても上手くいかなくて自信無くしてる人とかいます。

そういう人って難しく考えすぎなんですよね。意外と勉強できる人に多い気がします。

結局物事ってすごくシンプルなんですよね。シンプルに考えた方が絶対にいいです。

あと考えたら実行するかどうかです。いいと思ったらやるのみです。

友人の言葉の意味を考えてたら、意外と僕が普段から考えてることとあんまり変わりませんでした。

ブログかいてて思い出しましたが、僕が独立したときに今は亡くなった父から言われました。「独立するのは誰でもできる、やる気と少しの金があれば。でも続けるのは難しい」と。その通りだなぁと思います。


株式会社アルプスホーム

Nishiyama

ゴールデンウィーク

2018.05.03

ゴールデンウィークも後半に突入して、全国の行楽地も賑わっているようですね。
ぼちぼち天候にも恵まれたGWになってますね。


今日は朝一から管理物件のアパートへ。
昨日、汚水桝が詰まって弊社のスタッフが駆け付けたものの完全復旧には至らず、今朝業者に来てもらいました。
これで詰まったの3回目かな。
敷地内の汚水管も桝も相当老朽化しているようです。
もう限界化かも。。。
とりあえず今回は復旧できたので、総やり替えの見積もりを取ることにします。


そのあと、会社に出勤しました。
不動産の方は特に動き有りませんが、宿泊事業部が忙しくしてます。
取り扱い施設数が急に増えたのと、それに伴って人員が不足してきて忙しくなってます。
ここを乗り越えるとまた次のステージが見えてくるはずなので頑張りどころですね!
新しいアルバイトスタッフも出勤してたので少しお話して、僕は今後のことをいろいろと画策してました(笑)。


不動産の買取は
株式会社アルプスホーム
Nishiyama

初ラウンド

2018.04.27

昨日今年初ラウンド行ってきました。

去年も怪我したりでほとんどクラブ握ってなかったのでぎこちなさはありましたね。

天気はこれ以上ないって言うぐらい最高でした。

暑くもなく寒くもなく快適にラウンドできましたよ。

スコアはよくなかったので、少しは練習もしないと💦


株式会社アルプスホーム

Nishiyama

30年前のあの時と違うところ

2018.04.24

この5年、いや特に3年ですかね、
京都市内の中心部、特に中京区・下京区・東山区・南区の一部で、地価が上がってます。
3倍以上に上がってるところもたくさん見受けられます。

これをバブルだという人もいますし、そうじゃないという人もいます。
僕はバブルではないと思っている派です。

30年前のバブルと違うのは、上っている場所が局所的なのと、地価に収益がついてきているところです。
一部煽られて上っている感もありますが、バブルって感じはしません。

京都はホテル需要、インバウンドや観光の消費需要で上がっています。
今すごく上がっているところでも、これらの需要で利回りが確保できるという理由で買われています。

30年前はほとんどが投機目的で、日本全国の地価が上昇しました。
そしてその時は、不動産購入するプレイヤーは国内にありましたが、今は海外の投資家もプレイヤーになっています。
日本の不動産の動きも世界の金融商品と連動しています。
あと中国マネーはすごいですね。
為替の影響も大きいようです。

実需を読み解いて不動産の動きを見るようにしています。
そうすると、地価の上昇にも理由があるのがよく解ります。

不動産ってやっぱり面白いです。
僕にとっては天職なのかなぁと思います。


京都の不動産のことなら
株式会社アルプスホーム
Nishiyama

忙しくしてます

2018.04.19

今月は公私ともバタバタと忙がしくしてます。

僕は忙しい方が好きですね。

暇だと不安になるかも。


今月は仕入れが三件ほどまとまりそうです。

仲介の話もそこそこいただいております。

別会社の宿泊施設の管理も増えて慌ただしくしてます。


あと自宅の改修をするのですが、そのプランが概ね決まったので、今月末に仮住まい先に引っ越しします。

実はこれが一番億劫なんです(^-^;

そろそろゴールデンウィークですね。

一番行楽にはいい季節ですね!


京都の不動産買取りは…

株式会社アルプスホーム

Nishiyama

桜は終わりましたが、、、

2018.04.17

京の町 飛鳥近くの藤棚と公園に咲いていたハナミズキです。綺麗な花々を見ると心が満たされますね。何かと忙しい季節ですが、ふと立ち止まって咲き誇っている花々を見てあげてください。

素敵なパワーをいただけるかもですよ。

伊林

1 / 512345

pagetop