blog

ホーム > blog > 方眼紙とスケール

方眼紙とスケール

2020.01.14

貸家の管理依頼を受けた物件の間取図面を引きに行きました。

 

この業界にも20年なりますが、スケール片手に方眼紙に間取りを引く作業は変わりませんね〜

せいぜいスケールがレーザー距離計になってるぐらいかな。

 

いくらITが進化しようとこの作業は変わらないのかな。

 

AIとロボットが進化したら人間がやらなくて済むのかな?

 

ALPS HOME     Kozai Nishiyama

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

pagetop